【都大路S】ベステンダンクが番手から抜け出す

 16日、京都競馬場で行われた11R・都大路ステークス(L・4歳上オープン・芝1800m)で6番人気、藤岡佑介騎乗、ベステンダンク(牡8・栗東・安達昭夫)が快勝した。クビ差の2着にバイオスパーク(牡5・栗東・浜田多実雄)、3着に1番人気のサトノアーサー(牡6・栗東・池江泰寿)が入った。勝ちタイムは1:48.2(重)。

 2番人気で藤岡康太騎乗、テリトーリアル(牡6・栗東・西浦勝一)は、5着敗退。

【あずさ賞】ソニックベガが2勝目 母はモンローブロンド

【都大路S】ベステンダンクが番手から抜け出す
【都大路S】ベステンダンクが番手から抜け出す

タイキシャトル産駒 ベステンダンク

 6番人気に支持された藤岡佑介騎乗のベステンダンクが2018年以来、約2年ぶりの勝利を飾った。スタートからスッと好位につけるセンスに良い走りで、終始番手の位置をキープ。直線では馬場の3部どころをじわじわと伸びて、先に抜け出したバイオスパークとの接戦をクビ差制した。

ベステンダンク 43戦7勝
(牡8・栗東・安達昭夫)
父:タイキシャトル
母:ユキノマーメイド
母父:スペシャルウィーク
馬主:市川義美ホールディングス
生産者:服部牧場

【全着順】
1着 ベステンダンク
2着 バイオスパーク
3着 サトノアーサー
4着 ワイプティアーズ
5着 テリトーリアル
6着 ブレスジャーニー
7着 チェスナットコート
8着 ランスオブプラーナ
9着 アメリカズカップ
10着 キョウヘイ
11着 ヴァルディゼール
12着 カリビアンゴールド
13着 アドマイヤジャスタ
14着 ボールライトニング