【兵庫CS】ルメール「自信を持って乗った」バーナードループが重賞初V

(C)兵庫県競馬組合

 6日、園田競馬場で行われた交流G2・兵庫チャンピオンシップは、1番人気に支持されたバーナードループがゴール前で先に抜け出したダノンファラオをかわして勝利。同馬は重賞初制覇となった。鞍上のルメール騎手は昨年のクリソベリルに続き、このレースを連覇。

兵庫チャンピオンシップ、勝利ジョッキーコメント
1着 バーナードループ
C.ルメール騎手
「自信を持って乗りました。大きなストライドで走る馬なので、きついコーナーで走りにくかったのがちょっと心配でした。ペースが良く、3、4コーナーから長い脚で乗ってくれました。前の馬は3、4コーナーで凄くいい反応でした。エンジンがかかるのに時間がかかりました。ラストでかわして能力は1番強かったと思います。TVの前で応援ありがとうございました」

高木登調教師
「スタートが緩い馬なのでどうかなと思いましたが、上手く出してくれてスッと好位につけられたので良かったなと思いました。ちょっと窮屈なところにはいるなと思いましたが、トビの大きな馬なのでコーナーどうかなと思っていましたが、上手くこなしてくれました。(直線は)なんとかギリギリ間に合って良かったなと思います。3連勝出来てこれからが楽しみだなと思って大いに期待しています。(次走は)大井の大きいところかなと思っていますが、オーナーサイドと相談しながら決めたいと思います。本当にコントロールもしやすいですし、このまま育ってくれたら良いなと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 6日、園田競馬場で行われた7R・兵庫チャンピオンシップ(Jpn2・3歳オープン・ダ1870m)で1番人気、C.ルメール騎乗、バーナードループ(牡3・美浦・高木登)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のダノンファラオ(牡3・栗東・矢作芳人)、3着にサンデーミラージュ(牡3・栗東・宮本昇)が入った。勝ちタイムは2:01.7(良)。

【かしわ記念】ルメール「深い砂に脚を取られ…」レース後ジョッキーコメント

半兄にはセイリオス

【兵庫CS】ルメール「自信を持って乗った」バーナードループが重賞初V
(C)兵庫県競馬組合

 1番人気に支持されたバーナードループが未勝利から3連勝を決めて、嬉しい重賞初制覇を飾った。レースでは五分のスタートからゆったりとしたペースの中、3番手のインでロスなく追走。3コーナー手前から早くも手が動く形となったが、先に抜け出しを図ったダノンファラオを目掛けて猛追。直線ではこの2頭のマッチレースとなったが、ゴール前でキッチリ競り落とした。鞍上のルメール騎手は、先日行われた天皇賞・春を制するなど、相変わらずの勝負強さで絶好調の手綱捌きを見せた。

 バーナードループは父ロードカナロア、母ステラマリス、母父サンデーサイレンス。この勝利で4戦3勝とし重賞初制覇となった。。同馬の兄弟には安達太良ステークスを制したセイリオスなどがおり、ダートでコンスタントに力を発揮する血脈。

バーナードループ 4戦3勝
(牡3・美浦・高木登)
父:ロードカナロア
母:ステラマリス
母父:サンデーサイレンス
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 バーナードループ
2着 ダノンファラオ
3着 サンデーミラージュ
4着 ピスハンド
5着 ガミラスジャクソン
6着 マカオンブラン
7着 ヴィクトリアグラス
8着 ジェッティー
9着 アカリン
10着 ハルプモント
11着 ヒルノマリブ
12着 ニコラスタッカート