令和2年度の開催日割および重賞競走等の変更について

 6日、JRAは東京オリンピックが延期されたことに伴い、令和2年度の開催日割および重賞競走等について、以下のとおり変更することを発表した。

【桜花賞】登録馬と見どころ レシステンシアなど23頭

1.北海道地区における開催日割の変更について
北海道地区については、開催順序を前年同様とし、第1・2回函館競馬(各6日開催)、第1回札幌競馬(6日開催)、第2回札幌競馬(8日開催)となる。

<変更前>
第1回札幌競馬(6日間)
第1・2回函館競馬(12日間)
第2回札幌競馬(8日間)

<変更後>
第1・2回函館競馬(12日間)
第1・2回札幌競馬(14日間)

2.北海道地区における開催日割変更に伴い実施場を変更する重賞競走
・函館スプリントステークス(GⅢ)
第1回札幌4日⇒第1回函館4日
6月21日(日)3歳上・芝1200メートル

・北海道新聞杯
クイーンステークス(GⅢ)
第2回函館4日⇒第1回札幌4日
8月2日(日)3歳上牝・芝1800メートル

・エルムステークス(GⅢ)
第2回函館6日⇒第1回札幌6日
8月9日(日)3歳上・ダ1700メートル

※JRA発表による