作田誠二調教師 引退

 3月3日(火)をもって引退する作田誠二調教師(栗東)は、中京8R(7番ヴィーヴァバッカス号(☆斎藤新騎手)・1着および5番クリノエリザベッタ号(☆菊沢一樹騎手)・10着)が管理馬のラストランとなった。

山内研二調教師 引退

作田誠二調教師コメント
「印象に残っている馬はハードクリスタル、サンディエゴシチー、バイガエシです。弟子の藤岡佑介騎手が乗っていたこの3頭は能力はありましたが、最後の方は故障してしまいましたので、全能力を出し切れず悔いが残っています。昨日の阪神競馬のメインで勝ったヒストリーメイカーも藤岡 佑介騎手が勝ちましたが、ジョッキーの気持ちも強く出たガッツポーズは嬉しかったです。昭和39年組は華の15期と称されました。同期で最後は僕だけとなりましたけど、東京オリンピックから東京オリンピックまで続けられたのはJRAの中では事務方、厩舎方で僕一人だと思うので、感慨深いです。僕も騎手を経験してきましたので、騎手の皆さんには最後まであきらめないで乗ってほしいです。何が起きるか分からないですからね。応援してくださる全てのファンのためにも、しっかりと全能力を発揮してください。最後の最後にも勝つことができて本当に良かったです。56年という長い間、応援してくださり、ありがとうございました」

※JRA発表による