【武豊日記】16か国目の海外騎乗

(C)Yushi Machida

 今週、27日月曜日は年に一度のJRA賞各部門の表彰式。といっても、今年はお呼びがかからなかったので、翌日の報道で知ったことなのですが。ボクは特にパーティー好きというわけではないのですが、あの晴れがましい席には、できることなら毎年いられるようにしたい。出られなかったからこそたどり着いた心境かもしれませんが、発奮材料にさせてもらいます。

【武豊日記】今週こそ重賞勝ちを決めたいですね

 少し先の話ですが、こちらの中山記念の週(2月29日、3月1日)に、サウジアラビアに行くことになりました。騎手招待競走と、マテラスカイが出走するリヤドダートスプリント(ダート1200m)に騎乗するためです。ボクの16か国目の海外騎乗で、サウジアラビアはプライベートでも訪れたことはありません。ミルコ(デムーロ騎手)が何か月か住んだことがあるそうで、「以前はTシャツで出歩くだけで怒られましたが、今はそれぐらいは大目に見てもらえるようになったはずです」との話を聞きました。

 それを聞いて気になってしまったのが、同じく騎手招待競走に呼ばれている藤田菜七子騎手のこと。女性の服装には特に厳しい国だと聞くので、彼女がTシャツで入国審査を受けて揉め事が起きやしないかと、変なことが気になってしまいました。出発までもう少し時間があるので、サウジアラビア情報を集めて、一緒に行くクリストフ(ルメール騎手)を含めて、みんなで共有するつもりです。行ったことのない国に行くとなると、いつもこんなワクワクがあります。

(C)武豊オフィシャルサイト