【中山金杯】内田博「フワフワして…」レース後ジョッキーコメント

 1月5日、中山競馬場で行われたG3・中山金杯は、2番人気に支持されたトリオンフが番手から抜け出して快勝。騎乗予定だった三浦皇成騎手が第7レースで落馬負傷し乗り替わりとなったが、急遽代打騎乗となったデムーロ騎手が見事に勝利に導いた。

中山金杯、レース後ジョッキーコメント
1着 トリオンフ
M.デムーロ騎手
「皇成はかわいそうで苦しいと思いますけど頑張ってほしい。怪我してなかったら嬉しいです。馬はすごい良かったですね。前回のレースでも1年ぶりに走って良い結果を出していて今回もチャンスがあると思いました。年明けて最初の重賞で勝つことが出来てとても嬉しいです。今年も頑張りたい、いっぱい勝ちたいですね。明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」

須貝尚介調教師
「乗り替わりとなった三浦騎手には気の毒だったが、急遽の騎乗でもデムーロ騎手が上手く競馬をしてくれた。58キロははどうかなと思ったけど、力を示してくれました。足元が問題なければ、更に上を目指しながら頑張りたい」

2着 ウインイクシード
松岡正海騎手
「思った通りの展開でうまくいったんですが、坂を上ったところで歩いてしまいました。あとちょっとだったんですが…」

3着 テリトーリアル
藤岡康太騎手
「枠はいいところでしたし、ロスなくリズムよく運ぶことができました。直線もジリジリと脚を使って頑張ってくれました。前走は案外でしたが、力のあるところを見せてくれました」

4着 ノーブルマーズ
F.ミナリク騎手
「2000メートルは短いかもしれないと思っていましたが、いい位置を取ることができました。直線では内にできたスペースから脚を使ってくれました。いい競馬ができたと思います」

5着 マイネルハニー
横山武史騎手
「ゲートでソワソワする面があってスタートはもうひとつでしたが、結果的にウインイクシードの後ろにつけられました。久々を使った上積みも感じましたが、次はさらに良くなると思います」

7着 クレシェンドラヴ
内田博幸騎手
「スタートでうまくいきませんでしたし、勝負どころで押してもフワフワしてスピードに乗れませんでした。最後は直線勝負にかけたんですが…」

【京都金杯】武豊「道中力むところも」レース後ジョッキーコメント

【中山金杯】内田博「フワフワして…」レース後ジョッキーコメント
【中山金杯】内田博「フワフワして…」レース後ジョッキーコメント

マーフィー「残念でした」

【中山金杯】内田博「フワフワして…」レース後ジョッキーコメント

8着 ザダル
O.マーフィー騎手
「枠が外でペースも流れませんでしたからね。道中も外を回されてしまいましたし、残念でした」

10着 ギベオン
S.フォーリー騎手
「終い伸び切れませんでした。道中もう少し脚を溜めるようになってくれれば…」

11着 カデナ
鮫島克駿騎手
「展開がフィットすれば勝ちきる力はあります」

12着 シャイニープリンス
勝浦正樹騎手
「4コーナーまではいい感じでした。前走より上手くいった感じでしたがもう少し頑張って欲しかった。差もないのでやれそうな感じはします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 5日、中山競馬場で行われた11R・中山金杯(G3・4歳上オープン・ハンデ・芝2000m)で2番人気、M.デムーロ騎乗、トリオンフ(せん6・栗東・須貝尚介)が快勝した。アタマ差の2着にウインイクシード(牡6・美浦・鈴木伸尋)、3着にテリトーリアル(牡6・栗東・西浦勝一)が入った。勝ちタイムは1:59.5(良)。

 1番人気で内田博幸騎乗、クレッシェンドラヴ(牡6・美浦・林徹)は、7着敗退。

重賞3勝目

【中山金杯】内田博「フワフワして…」レース後ジョッキーコメント

 11月の長期休養明けから2走目となったトリオンフがキッチリと結果を示した。三浦皇成騎手が第7レースで落馬負傷し、M.デムーロ騎手に急遽の乗り替わりも、デムーロ騎手が見事に勝利に導いた。レースでは2番手の位置から早め先頭で押し切る横綱相撲。58キロとトップハンデも苦にすることなく力の違いを示した。

トリオンフ 18戦7勝
(せん6・栗東・須貝尚介)
父:タートルボウル
母:メジロトンキニーズ
母父:ダンスインザダーク
馬主:桑田牧場
生産者:レイクヴィラファーム

【全着順】
1着 トリオンフ
2着 ウインイクシード
3着 テリトーリアル
4着 ノーブルマーズ
5着 マイネルハニー
6着 マイネルサーパス
7着 クレッシェンドラヴ
8着 ザダル
9着 アンノートル
10着 ギベオン
11着 カデナ
12着 シャイニープリンス
13着 メイショウエイコウ
14着 レッドローゼス
15着 タニノフランケル
16着 ブラックスピネル
17着 イレイション