ダンスインザダーク号が死亡

 1996年に菊花賞(GⅠ)を優勝し同年のJRA賞最優秀3歳牡馬にも輝き、現役引退後は種牡馬として北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションに繋養されていたダンスインザダーク号(牡27)は、1月2日(木)に死亡した。

社台スタリオンステーション 事務局 徳武英介氏のコメント
「1月2日の晩(1月2日21時30分)、当スタリオンで功労馬として繋養しておりましたダンスインザダークが老衰による起立不能で死亡いたしました。サンデーサイレンスの2世代目産駒で、競走馬としても種牡馬としてもサンデーサイレンス系の繁栄を牽引してくれました。スタッフ一同、感謝の気持ちで一杯です。ご冥福を心からお祈りいたします」

●ダンスインザダーク号
馬主:有限会社社台レースホース
調教師:橋口弘次郎(栗東)
生年月日:1993年6月5日

血統:
父サンデーサイレンス/母ダンシングキイ
母父Nijinsky/母母Key Partner

成績:
JRA通算成績 8戦5勝
JRA獲得賞金 3億7955万1000円(付加賞含む)

重賞勝鞍:
1996年 菊花賞(GⅠ)
1996年 報知杯弥生賞(GⅡ)
1996年 京都新聞杯(GⅡ)

※JRA発表による