中内田充正調教師 JRA通算200勝達成!

 21日、阪神競馬場で行われた第4Rで、6番スワーヴドン号(川田将雅騎手)が第1着となり、中内田充正調教師(栗東)は現役107人目のJRA通算200勝を達成した。

 なお、開業後5年9ヶ月21日での達成は、矢作芳人調教師(栗東)の6年1ヶ月10日を抜いてJRA史上最速の200勝達成となった。

【阪神C】グランアレグリアが圧勝!格の違いを見せつける

JRA通算200勝
中内田充正調教師コメント
「この場を借りて、私の厩舎をサポートしていただいている方々にお礼を申し上げます。多くの支援をいただいているオーナーの方々に感謝致します。競馬サイクルの基盤である生産牧場、育成牧場の管理技術の向上により、より良い競走馬を提供していただき、誠に感謝しております。皆様の夢を背負って日々奮闘している厩舎チーム一同、今後も競馬を盛り上げていけるように努めて参ります」

※JRA発表による