【香港カップ】松岡「予定通りの競馬」ウインブライトが香港で再び勝利!

 12月8日、香港のシャティン競馬場で行われたG1・香港カップは、ウインブライトがゴール前勝負根性を発揮して見事に抜け出した。この地では春のクイーンエリザベス2世カップでも勝利しており、よほど相性が良いのか香港で再びビッグタイトルを掴んだ。

1着 ウインブライト
松岡正海騎手
「早めに直線で来れれましたが、3、4番手という予定どおりの競馬が出来ました」

畠山吉宏調教師
「天皇賞終わってやっと状態が上向いてくれました。これなら前回のような組み立てが出来るかなと思い、香港に来てからは前回と同じような調整パターンでやることが出来ました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 8日、香港のシャティン競馬場で行われた8R・香港カップ(G1・3歳上・芝2000m)で松岡正海騎乗、日本馬のウインブライト(牡5・美浦・畠山吉宏)が快勝した。2着にマジックワンド(牝4・A.オブライエン)、3着にライズハイ(せん5・C.ファウンズ)が入った。勝ちタイムは2:00.52(良)。

【香港マイル】スミヨン「思うとおりの競馬」日本馬関係者コメント

ウインブライトは香港でG1を2勝目

 春のクイーンエリザベス2世カップに続いてウインブライトがまたしても香港でビッグタイトルを獲得した。同馬はスタートから3、4番手付近で流れに乗ると抜群の手応えで直線馬場の3分どころからスパートを開始。横並びの追い比べから勝負根性を発揮して伸び、ラスト1ハロン付近から抜け出した。ゴール前は内から来たマジックワンドの猛追を凌ぎきり、春の香港に続いてビッグタイトルを獲得した。勝利した松岡騎手は流暢な英語で「コンディションが戻っていた」と喜びの表情でインタビューに答えた。

【全着順】
1着 ウインブライト
2着 マジックワンド
3着 ライズハイ
4着 フローレ
5着 エディザ
6着 グロリアスフォーエバー
7着 ダークドリーム
8着 タイムワープ