ウイングアロー号が死亡

 2000年のフェブラリーステークス(GⅠ)などに優勝したウイングアロー号(牡24)は、11月21日(木)に死亡した。同馬は、青森県上北郡東北町のフォレブルーにて繋養され余生を送っていた。

日本馬11頭が2019香港国際競走の招待を受諾

●繋養先のフォレブルーのスタッフの柏崎氏のコメント
「今朝、厩舎に向かったところ眠るように馬房に横たわっていました。生前は、ファンの皆様、関係者の皆様に応援していただき、本当に幸せだったと思います」

●ウイングアロー号
生年:1995年
毛色:鹿毛
競走成績:30戦11勝(JRA 17戦5勝)
主な勝鞍:
1998年 名古屋優駿(名古屋・GⅢ)
1998年 グランシャリオカップ(旭川・GⅢ)
1998年 ユニコーンステークス(GⅢ)
1998年 スーパーダートダービー(大井・GⅡ)
2000年 フェブラリーステークス(GⅠ)
2000年 ブリーダーズゴールドカップ(旭川・GⅡ)
2000年 ジャパンカップダート(GⅠ)
2001年 ブリーダーズゴールドカップ(旭川・GⅡ)

※JRA発表による