【マイルCS】ダノンキングリー 萩原師「マイル適性は非常にある」

マイルチャンピオンシップ
ダノンキングリー

 春のクラシック二冠はそれぞれタイム差なしの3、2着と涙を飲んだダノンキングリー (牡3、萩原)だが、秋初戦のGⅡ毎日王冠では出遅れ→大外一気に離れ業で古馬の一線級を粉砕し、改めてその実力をアピールした。唯一の不安は主戦・戸崎がケガで騎乗できない点となるが、代わりが目下2週連続で重賞勝ちしている横山典なら不足はあるまい。

【マイルCS】エメラルファイト 相沢師「前走よりも脚を溜めるような…」

<<下に続く>>

前走は出遅れからの古馬粉砕

 萩原調教師は「今週の追い切りも元気があって非常にいい動きでしたね。前走のゲートはタイミングの問題もあったと思うし、その後も練習しているのであまり心配していません。マイルの適性は非常にあると思うので、あとはこのままいい状態で競馬に送り出せれば」と不安なしをアピールした。