チョウカイキャロル号が死亡

 1994年のオークス(GⅠ)などに優勝したチョウカイキャロル号(牝28)は、9月12日(木)に死亡した。同馬は、北海道浦河郡浦河町の谷川牧場にて繋養され余生を送っていた。

カイザーメランジェ号が故障

●所有者の谷川牧場の代表 谷川貴英氏のコメント
「15歳での出産を最後に繁殖を引退して、毎日青草を食べながら広い放牧地でのんびりと過ごしていました。競走馬時代にヒシアマゾンという良きライバルがおり、94年のエリザベス女王杯同様にほんの少しだけ遅れて、天国に旅立ちました。先に旅立ったアマゾンと仲良く過ごし走り回っている姿が思い浮かびます。現役時代も引退してからもたくさんのファンの方に応援していただき、本当に幸せだったと思います」

●チョウカイキャロル号
生年:1991年
毛色:栗毛
競走成績:12戦4勝

主な勝鞍:
1994年 オークス(GⅠ)
1995年 中京記念(GⅢ)

※JRA発表による