ゴッドスピード号が死亡

 1999年の中山大障害(J・GⅠ)などに優勝したゴッドスピード号(せん・25歳)が、7月21日(日)に死亡した。同馬は、宮城県大崎市の斉藤牧場にて繋養され余生を送っていた。

所有者の斉藤恵美子氏のコメント
「ここ数カ月余り体調が良くなく放牧もあまりできない日々をすごしていました。亡くなる当日は、久しぶりに体調が回復し仲の良い牧場のみんなと一緒に放牧することができました。その後、放牧地の一番高い場所で倒れているのを発見しました。最後に牧場のみんなと過ごし、牧場を見渡せる場所で亡くなったので、彼は本望だったかと思います。ファンの皆様にはこの場を借りてお礼申し上げます」

【函館2歳S】武豊「スタート後に寄られて…」レース後 ジョッキーコメント

●ゴッドスピード号
生年:1994年
毛色:鹿毛

競走成績:
37戦12勝(障害19戦8勝)

主な勝鞍:
1996年 小倉3歳ステークス(GⅢ)
1996年 府中3歳ステークス(GⅢ)
1999年 中山大障害(J・GⅠ)

※JRA発表による