【七夕賞】菊沢一樹「皆さんのおかげです」ミッキースワローで重賞初制覇!

 7月7日、福島競馬場で行われたG3・七夕賞はミッキースワローが4角先頭からそのまま押し切り重賞2勝目を飾った。鞍上の菊沢一樹騎手はこのレースで嬉しい重賞初制覇となった。

七夕賞、勝利ジョッキーコメント
1着 ミッキースワロー
菊沢一樹騎手
「ありがとうございます!皆さんのおかげです。馬を信じて乗った結果なので、ほんと馬に感謝したいです。2年ぶりに乗ることになったんですけど、2年前は自分の未熟さで力ある馬なのに結果出せなかったので、今回は馬を信じて自分が馬の邪魔をしないようにということだけだったので、本当に良かったです。先生も僕以上に緊張していたと思いますし、僕も緊張していたんですけど自然とスワローにまたがったら緊張がほぐれたというか、良い緊張をしていたので本当に良かったです。どの勝利も1着でゴールすると言うことはすごく気持ちいいと思いました。この馬は上で走っている馬なので、この馬と一緒に大きいところをまた目指して頑張っていきたいと思います。いろんなことがありましたけど、僕のことを支えてくれていた関係者、ファンの方々、そしてミッキースワローをここまで育ててくれたのりさん、色々レース前にアドバイスなど声かけてくれた先輩方に改めて感謝して、まだ未熟ですが、ひとつひとつ成長出来るように頑張りたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 7日、福島競馬場で行われた11R・七夕賞(G3・3歳上オープン・ハンデ・芝2000m)で3番人気、菊沢一樹騎乗、ミッキースワロー(牡5・美浦・菊沢隆徳)が快勝した。3/4馬身差の2着に2番人気のクレッシェンドラヴ(牡5・美浦・林徹)、3着にロードヴァンドール(牡6・栗東・昆貢)が入った。勝ちタイムは1:59.6(稍重)。

 1番人気で三浦皇成騎乗、ロシュフォール(牡4・美浦・木村哲也)は、11着敗退。

【プロキオンS】田辺「馬自身も成長した」アルクトスが重賞初制覇!

<<下に続く>>

トーセンホマレボシ産駒 ミッキースワロー

【七夕賞】菊沢一樹「皆さんのおかげです」ミッキースワローで重賞初制覇!

 菊沢一樹騎乗のミッキースワローが4角先頭で差し切り、セントライト記念以来の重賞2勝目を飾った。前半1000mを58.0のハイペースでレースは進む中、ミッキースワローは後方でじっくりと待機。勝負どころから勢いをつけてグングン加速すると4角先頭で独走態勢に入った。セーフティリードを取ってそのまま押し切り、同馬は重賞2勝目のタイトルを手に入れた。鞍上の菊沢一樹騎手はこのレースで重賞初勝利。

ミッキースワロー 15戦4勝
(牡5・美浦・菊沢隆徳)
父:トーセンホマレボシ
母:マドレボニータ
母父:ジャングルポケット
馬主:野田みづき
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ミッキースワロー
2着 クレッシェンドラヴ
3着 ロードヴァンドール
4着 ゴールドサーベラス
5着 アウトライアーズ
6着 タニノフランケル
7着 クリノヤマトノオー
8着 ソールインパクト
9着 ウインテンダネス
10着 エンジニア
11着 ロシュフォール
12着 カフェブリッツ
13着 マルターズアポジー
14着 ブラックスピネル
15着 ベルキャニオン
16着 ストロングタイタン