【ダービー卿CT】川田「本当にいい内容」フィアーノロマーノが粘り込む

(C)スポニチ

30日、中山競馬場で行われたG3・ダービー卿チャレンジトロフィーで、川田将雅騎手のフィアーノロマーノが抜け出して粘りこみ、重賞初制覇を果たした。勝利した川田将雅騎手は「精一杯頑張ってくれた」同馬の走りをねぎらった。

ダービー卿CT、勝利ジョッキーコメント
1着 フィアーノロマーノ
川田将雅騎手

「本当にいい内容で勝ちきってくれたなと思います。内枠だったので少しだけ位置を取りに行って、後は行くのを行かせて、その後は馬のリズムに徹しながら。よく動いてくれていましたし、外から来ているのも強い馬たちなので。ちょっとあまりにも人気し過ぎているなという感じはあったのですが、馬は本当になにより精一杯頑張ってくれたなと思いました」

レース結果、詳細は下記のとおり。

30日、中山競馬場で行われた11R・ダービー卿チャレンジトロフィー(G3・4歳上オープン・ハンデ・芝1600m)で2番人気、川田将雅騎乗、フィアーノロマーノ(牡5・栗東・高野友和)が快勝した。クビ差の2着にプリモシーン(牝4・美浦・木村哲也)、3着にマイスタイル(牡5・栗東・昆貢)が入った。勝ちタイムは1:31.7(良)。

1番人気で田辺裕信騎乗、ドーヴァー(牡6・美浦・伊藤圭三)は、7着敗退。

リーディング1位の川田将雅騎手が好調

リーディング1位を走る川田将雅騎乗のフィアーノロマーノが直線粘りに粘って、嬉しい重賞初制覇を飾った。大きく縦長でレースは流れて4、5番手付近を追走、速めめの流れを前々で流れにのった。直線入り口で早くも先頭に立つと一旦後続を突き放し、しぶとく脚を使ってゴール。川田騎手の勢いが乗り移ったかのような、見事な勝っぷりだった。

フィアーノロマーノ 11戦6勝
(牡5・栗東・高野友和)
父:Fastnet Rock
母:Heart Ashley
母父:Lion Heart
馬主:吉田和美
生産者:Kia Ora Stud

【全着順】
1着 フィアーノロマーノ
2着 プリモシーン
3着 マイスタイル
4着 ダイアトニック
5着 ギベオン
6着 ロードクエスト
7着 ドーヴァー
8着 ヒーズインラブ
9着 ダイワキャグニー
10着 ハクサンルドルフ
11着 カツジ
12着 キャプテンペリー
13着 エイシンティンクル
14着 マルターズアポジー
15着 ヤングマンパワー
16着 ジョーストリクトリ

※主催者発表のものと照らし合わせください