【金鯱賞】川田「ポテンシャルの高さを実感出来た」ダノンプレミアムがV!

60
(C)スポニチ

10日、中京競馬場で行われたG2・金鯱賞は、ダービー以来の出走となったダノンプレミアムが優勝。勝利した川田将雅騎手のコメントは以下の通り。

金鯱賞、勝利ジョッキーコメント
1着 ダノンプレミアム
川田将雅騎手
「本当にホッとしています。スタッフ全員でこの時を長い間待っていました。ゲートは毎度得意な馬なのでいつも上手に出てくれるんですけど、今日も久々とは思えないほど、しっかりと出てくれましたし、良いスタートをきれたなと思います。行くのは行かせてあとは自分のリズムに終始しながらというイメージで競馬を組み立てていたので、結果としてあの位置で収まるかたちになりました。手応えも良く直線向くことが出来ましたし、これなら良い動きをしてくれるだろうと期待していたんですけど、それ通りの動きを直線してくれましたから、改めてこの馬のポテンシャルの高さを実感出来たレースだなと思います。特にすごく成長したという雰囲気ではないんですけど、元から素晴らしい馬ですから、競馬場に連れてくれば、厩舎とは全然違う雰囲気になりますし、そういうオンオフの切り替えの賢さとか、そういう面も含めて今日も問題なく、ただ久々の分、とても走りたがるところはありました。無事に次に歩みを進められればと思いますし、一歩一歩この馬の目指すところに向かって行ければと思うので、何より次のレースを無事に迎えられるといいなと思います」

レース結果、詳細は下記の通り。

10日、中京競馬場で行われた11R・金鯱賞(G2・4歳上オープン・芝2000m)で2番人気、川田将雅騎乗、ダノンプレミアム(牡4・栗東・中内田充正)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にリスグラシュー(牝5・栗東・矢作芳人)、3着に1番人気のエアウィンザー(牡5・栗東・角居勝彦)が入った。勝ちタイムは2:00.1(稍重)。

【アネモネS】ルガールカルムが快勝!力の違いを見せる

<<下に続く>>

ディープインパクト産駒 ダノンプレミアム

ダービー以来の出走となったダノンプレミアムが見事に休養明けの1戦を制した。最内枠から好スタートを切ると、先行各馬の流れを見ながらラチ沿いの好位をキープ。絶好のポジションに収まった。そのままのポジションをキープし勝負所から外目に持ち出してスパートを開始すると、250mから抜け出してあっさりと押し切った。日本ダービー1番人気の実力は伊達ではなかった。

ダノンプレミアム 6戦5勝
(牡4・栗東・中内田充正)
父:ディープインパクト
母:インディアナギャル
母父:Intikhab
馬主:ダノックス
生産者:ケイアイファーム

【全着順】
1着 ダノンプレミアム
2着 リスグラシュー
3着 エアウィンザー
4着 ペルシアンナイト
5着 アルアイン
6着 ギベオン
7着 ムイトオブリガード
8着 スズカデヴィアス
9着 モズカッチャン
10着 タニノフランケル
11着 サトノワルキューレ
12着 ショウナンバッハ
13着 メートルダール

※主催者発表のものと照らし合わせください