【きさらぎ賞】アガラス 自在性高く能力上位

38

きさらぎ賞
アガラス

ここ2戦、2着続きで涙を飲んでいるアガラス(牡3、古賀慎)。しかし逃げて踏ん張ったコスモス賞、後方から追い込んだGⅢ東京スポーツ杯2歳Sと、全く違う形での連続好走は能力の高さの証明と言えよう。関東からはただ1頭の遠征となるが、存在感を見せられるか。

【東京新聞杯】レイエンダ 条件替わりで期待

<<下に続く>>

古賀慎師「いい雰囲気」

古賀慎調教師は「週末にしっかりやっていたので、今週は感触を確かめる程度でしたが、落ち着きがあっていい雰囲気でしたね。鞍上(戸崎)とのコンタクトも合っているみたい。前走はスタートで遅れた分の差でしょう。輸送も大丈夫だと思います」と重賞タイトル獲得へ期待を語った。