【ジャパンC】アーモンドアイ脅威のレコードで圧勝!

505

25日、東京競馬場で行われた11R・ジャパンカップ(G1・3歳上オープン・芝2400m)で1番人気、C.ルメール騎乗、アーモンドアイ(牝3・美浦・国枝栄)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にキセキ(牡4・栗東・中竹和也)、3着に2番人気のスワーヴリチャード(牡4・栗東・庄野靖志)が入った。勝ちタイムは2:20.6のレコード(良)。

【PHOTO】ジャパンカップ返し馬

アーモンドアイ 7戦6勝
(牝3・美浦・国枝栄)
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 アーモンドアイ
2着 キセキ
3着 スワーヴリチャード
4着 シュヴァルグラン
5着 ミッキースワロー
6着 サトノダイヤモンド
7着 ハッピーグリン
8着 ウインテンダネス
9着 サトノクラウン
10着 サンダリングブルー
11着 カプリ
12着 ガンコ
13着 ノーブルマーズ
14着 サウンズオブアース

※主催者発表のものと照らし合わせください