【オールカマー】武豊「今日はゲートの中でもうるさかった」ダンビュライト辛うじて3着に飛び込む

2番人気に支持されたダンビュライトは理想的なポジションでレースを進めることが出来ず、終始苦しい展開を強いられた。返し馬からチャカチャカと煩く落ち着きがなかったが、鞍上が必死になだめてなんとか3着をキープ。4コーナーも苦しいポジションに入ったが、最後はいい脚を使って追い込んで来ただけに、惜しいレースとなった。

【写真】オールカマー返し馬

3着 ダンビュライト
武豊騎手
「今日はゲートの中でもうるさかった。だんだんルーラシップらしさが出てきたね。うるさくて取りたいポジションも取れなかった。4コーナーでも窮屈になってしまいました。ラストはいい脚を使ってくれたんですけどね」

【オールカマー】武豊「今日はゲートの中でもうるさかった」ダンビュライト辛うじて3着に飛び込む
【オールカマー】武豊「今日はゲートの中でもうるさかった」ダンビュライト辛うじて3着に飛び込む

終始馬群に囲まれるダンビュライト

【オールカマー】武豊「今日はゲートの中でもうるさかった」ダンビュライト辛うじて3着に飛び込む

23日、中山競馬場で行われた11R・オールカマー(G2・3歳上オープン・芝2200m)で1番人気、C.ルメール騎手騎乗、レイデオロ(牡4・美浦・藤沢和雄厩舎)が、2着にクビ差で快勝した。2着にアルアイン(牡4・栗東・池江泰寿厩舎)、3着に2番人気のダンビュライト(牡4・栗東・音無秀孝厩舎)。勝ちタイムは2:11.2(良)

昨年のダービー馬、レイデオロが神戸新聞杯以来、約1年振りの勝利を飾った。道中は中団で折り合いをつけて2番人気のダンビュライトを見るようなポジションでレースを展開。勝負どころから馬群を縫うようにして進出していくと、先に抜け出した昨年の皐月賞馬アルアインを目掛けて追い出された。直線半ばから中々抜かせないアルアインとレイデオロの追い比べとなり、ゴール前きっちりとレイデオロがグイッと前に出て勝利を飾った。

レイデオロ 10戦6勝
(牡4・美浦・藤沢和雄厩舎)
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 レイデオロ
2着 アルアイン
3着 ダンビュライト
4着 エアアンセム
5着 ショウナンバッハ
6着 ブラックバゴ
7着 ガンコ
8着 ブライトバローズ
9着 マイネルフロスト
10着 ミライヘノツバサ
11着 ゴールドアクター
12着 マイネルミラノ

※主催者発表のものと照らし合わせください