【小倉2歳S】1番人気シングルアップは伸び切れず6着まで

1番人気に支持されたシングルアップは直線伸び切れずに6着敗退となった。スタートでやや出負けし、スムーズな追走が出来ずに直線まで来るも、最内から伸び切れずに馬群に飲まれてしまった。鞍上の松山騎手も「もう少し器用さが出てくれば…」とサバサバした表情で語った。新馬戦、フェニックス賞と連勝でここへ挑んだが重賞の壁は厚かった。

6着 シングルアップ
松山弘平騎手
「ゲートで待たされて少しで出負けしてしまいました。それでも押し上げてくれたんですが、それでも少しじりっぽいとこがあってスムーズに前で押し上げていく競馬がいいです。広いコースの方が良くてもう少し器用さが出てくればと思います」

レース結果詳細は下記の通り

JRA通算4000勝目前の武豊騎手

2日、小倉競馬場で行われた11R・小倉2歳ステークス(G3・2歳オープン・芝1200m)で3番人気、武豊騎手騎乗、ファンタジスト(牡2・栗東・梅田智之厩舎)が、2着に1.3/4馬身差をつけ快勝した。2着にアズマヘリテージ(牝2・栗東・河内洋厩舎)、3着にミヤジシルフィード(牡2・栗東・川村禎彦厩舎)。勝ちタイムは1:08.9(良)

1番人気で装蹄師/西内荘担当馬のシングルアップ(牡2・栗東・寺島良厩舎)は6着、2番人気のルチアーナミノル(牝2・栗東・本田優厩舎)は8着敗退。

装蹄師/西内荘担当馬のチュウワフライヤーは5着となった。

ファンタジストがデビュー2連勝で重賞初制覇と飾った。スタートこそ凄く良かったわけではないが、スピードに乗って先行争いに加わりレースを進めた。勝負どころを馬なりで上がって来るとそのまま先頭に立ち見事に押し切った。武豊騎手は昨年のアサクサゲンキに引き続きこのレース連覇を達成。そして通算勝利を3995とし、節目の4000勝まであと5勝となった。

ファンタジスト 2戦2勝
(牡2・栗東・梅田智之厩舎)
父:ロードカナロア
母:ディープインアスク
母父:ディープインパクト
馬主:廣崎利洋
生産者:ShallFarm

【全着順】
1着 ファンタジスト
2着 アズマヘリテージ
3着 ミヤジシルフィード
4着 アーデントリー
5着 チュウワフライヤー
6着 シングルアップ
7着 タガノジェロディ
8着 ルチアーナミノル
9着 ブルベアオーロ
10着 ジャカランダシティ
11着 エイシンノホシ
12着 タムロドリーム
13着 カシノティーダ
14着 セプタリアン

※主催者発表のものと照らし合わせください