【北九州記念】菱田「感謝です」アレスバローズ重賞連勝!

北九州記念:アレスバローズ(菱田裕二騎手)

北九州記念、勝利ジョッキーコメント

1着 アレスバローズ
菱田裕二騎手
「この子で失敗したのにまた乗せていただいて本当に感謝ですし、厩舎の方にも乗せてもらっているオーナーの方にも先生にも感謝です。前がちょっと早くなるかなと思ったので、この子の良いスタートで取れたポジションでいいかなと思っていたんですけど、人気どころが揃っていましたし、最後狭かったんですけど力があるので突き抜けてくれました。手応えは抜群でしたし、すごく良い脚使ってくれました。スタッフの方の努力で、落ち着いてレースに行けるようになりましたし、そういったところでよりこの子の力がレースで発揮出来るようになっているんじゃないかと思います。(重賞初勝利は)本当に皆さんに感謝だと思います。あまり僕の私情は持ち込まないで乗ろうと思っていたので結果的に僕の重賞初勝利になって嬉しいです。騎手としてすごく未熟ですが、これからもっともっと頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

レース結果、詳細は下記の通り

19日、小倉競馬場で行われた11R・北九州記念(G3・3歳上オープン・ハンデ・芝1200m)で6番人気、菱田裕二騎手騎乗、アレスバローズ(牡6・栗東・角田晃一厩舎)が、2着に1.1/2馬身差をつけ快勝した。2着にダイメイプリンセス(牝5・栗東・森田直行厩舎)、3着にラブカンプー(牝3・栗東・森田直行厩舎)。勝ちタイムは1:06.6(良)。

1番人気のダイアナヘイロー(牝5・栗東・大根田裕之厩舎)は7着、2番人気のアサクサゲンキ(牡3・栗東・音無秀孝厩舎)は6着敗退。

装蹄師/西内荘担当馬のアンヴァルは10着となった。

CBC賞を制してこのレースに挑んだアレスバローズは6番人気評価に奮起したかのごとく直線一気の末脚を決めた。レースでは5分のスタートをきって中団のラチ沿いを進んだ。終始最内を進み直線を迎えるとぽっかりと空いた隙間突き抜け、ロスのない競馬で差し切り勝ちを決めた。

アレスバローズ 27戦7勝
(牡6・栗東・角田晃一厩舎)
父:ディープインパクト
母:タイセイエトワール
母父:トニービン
馬主:猪熊広次
生産者:ヤナガワ牧場

【全着順】
1着 アレスバローズ
2着 ダイメイプリンセス
3着 ラブカンプー
4着 グレイトチャーター
5着 セカンドテーブル
6着 アサクサゲンキ
7着 ダイアナヘイロー
8着 ナリタスターワン
9着 ナガラフラワー
10着 アンヴァル
11着 フミノムーン
12着 スカイパッション
13着 トウショウピスト
14着 アクティブミノル
15着 ナインテイルズ
16着 ゴールドクイーン
17着 ツィンクルソード

※主催者発表のものと照らし合わせください