【中山7R】リードザウインドが人気に応える!しぶとく伸び差し切る

7日、中山競馬場で行われた7R・3歳500万下(ダ1200m)で1番人気、三浦皇成騎手騎乗、リードザウインド(牝3・美浦・小島茂之厩舎)が、2着にクビ差で快勝した。2着にノボベイビー(牡3・美浦・天間昭一厩舎)、3着にハーモニーライズ(牡3・美浦・土田稔厩舎)。勝ちタイムは1:13.0(良)。

2番人気のエナジーピエトラ(牝3・栗東・松下武士厩舎)は5着敗退。

リードザウインドはスムーズに先行し上手く3番手の外目でレースを進めた。道中は楽に追走するも3、4コーナーを回って手が動き始め、決して抜群の手応えという感じではなかったが前に食らいついて直線へ。前を行く馬を追いかけ三浦皇成騎手の叱咤に応えると、坂上から徐々に追い詰めようやく交わしてゴール。しぶとい伸び脚で嬉しい勝利を飾った。