【中山3R/3歳新馬】プロミネンスが軽快なスピードで逃げ切る

3日、中山競馬場で行われた3R・3歳新馬戦(ダ1200m)で1番人気、武藤雅騎手騎乗、プロミネンス(牝3・美浦・小島茂之厩舎)が、2着に2馬身差をつけ快勝した。2着にユーリトミクス(牝3・美浦・加藤征弘厩舎)、3着にサルーバアスール(牝3・美浦・武藤善則厩舎)。勝ちタイムは1:12.8(稍重)。

2番人気のアーキトレーヴ(せん3・美浦・菊沢隆徳厩舎)は14着敗退となった。

プロミネンスが軽快なスピードを生かして見事に逃げ切った。芝スタートも上手にこなしてスムーズにハナを奪った。競りかけてくる馬もおらず抜群の手応えで直線をむかえると、しっかりした脚取りで最後まで伸び、3着以下に7馬身差をつけた。