【中山記念】サクラアンプルール 昨年2着の舞台で巻き返し狙う

中山記念
サクラアンプルール

有馬記念では直線で大きな不利を受けて16着に終わったサクラアンプルール(牡7、金成)だが、直線半ばまでの伸びは見どころ十分だった。昨年2着した舞台で巻き返しを狙う。

金成調教師は「先週、今週と調教ではいい動きを見せています。カイ食いが良くなって、以前のように体が減らなくなったのもいいですね。前走は不利があって力を出せなかったですけど、幸いケガはありませんでしたし、精神面も問題ないので」と反撃に意欲を見せた。