【小倉11R/小倉大賞典】トリオンフが3連勝で重賞初制覇!人気に応え圧倒的強さを見せつけた

18日、小倉競馬場で行われた11R・小倉大賞典(G3・4歳上オープン・ハンデ・芝1800m)で1番人気、川田将雅騎手騎乗、トリオンフ(せん4・栗東・須貝尚介厩舎)が、2着に2.1/2馬身差をつけ快勝した。2着にクインズミラーグロ(牝6・美浦・和田正道厩舎)、3着にスズカデヴィアス(牡7・栗東・橋田満厩舎)。勝ちタイムは1:46.1(良)。

2番人気のダノンメジャー(牡6・栗東・橋口慎介厩舎)は競走中止となっている。

装蹄師/西内荘担当馬のダッシングブレイズは4着、サトノアリシアは8着となった。

トリオンフが3連勝で重賞初制覇をおさめた。13番と比較外枠からのスタートだったが好位に上手くジョッキーが導き前半をスムーズに乗り切った。3コーナーから馬なりで外から進出し直線入り口では早くも先頭に。手応えが1頭違い外を回って来てもまだまだ余裕があった。直線半ばで完全に後続を突き放し、完勝で重賞初制覇となった。