【東京6R/3歳新馬】3連単100万越えで大荒れ!9番人気のノーブルカリスがデビュー勝ち

3日、東京競馬場で行われた6R・3歳未新馬戦(芝1800m)で9番人気、江田照男騎手騎乗、ノーブルカリス(牝3・美浦・菊川正達厩舎)が、2着に1.1/2馬身差をつけ快勝した。2着にシセイヒテン(牡3・美浦・宗像義忠厩舎)、3着にオスカールビー(牝3・栗東・矢作芳人厩舎)。勝ちタイムは1:50.1(稍重)。

1番人気のダノンアモーレ(牝3・栗東・高野友和厩舎)は12着敗退、2番人気のアンシェンヌヴィル(牝3・栗東・須貝尚介厩舎)は4着敗退となった。

ノーブルカリスが楽々逃げ切ってデビュー勝ちを収めた。やや頭の高いスタートとなったが、それでも行き脚がつき先頭へ。そこからはマイペースでレースは進み、直線でも勢い衰えることなくまんまと逃げ切った。2着に13番人気馬が入り、3連単100万越えの大波乱となった。