【京都11R/すばるS】ドライブナイト逃げ切り!ダート界に新星登場か

20日、京都競馬場で行われた11R・すばるステークス(4歳上オープン・ダ1400m)で4番人気、藤岡佑介騎手騎乗、ドライヴナイト(牡5・栗東・奥村豊厩舎)が、2着に1.3/4馬身差をつけ快勝した。2着に1番人気のコウエイエンブレム(牡5・栗東・山内研二厩舎)、3着にサウススターマン(牡7・栗東・加用正厩舎)。勝ちタイムは1:23.8(重)。

2番人気のラインシュナイダー(牡6・栗東・沖芳夫厩舎)は4着敗退。

装蹄師/西内荘担当馬のラテンロックは8着となった。

4枠7番のマキャヴィティは、スタート前に前扉を潜り抜け、外枠発走となった。

ドライブナイトが見事な逃げ切り勝ちを見せた。3歳オープンに入った後、しばらく二桁着順が続くなど低迷が続いたが、昨年中頃より起動に乗り始め遂に能力が開花した。ここ4戦で3勝3着1回と絶好調での参戦。オープン特別の勝利は目の前まで来ていたが、早く勝ち星を掴み本格化を示した。