【阪神12R/2017ファイナルS】2017年最後のレースはスマートカルロス

28日、阪神競馬場で行われた12R・2017ファイナルステークス(3歳上1600万下・芝1400m)で5番人気、松山弘平騎手騎乗、スマートカルロス(牡5・栗東・浅見秀一厩舎)が、2着に1.1/4馬身差をつけ快勝した。2着に1番人気のクライムメジャー(牡3・栗東・池江泰寿厩舎)、3着にエントリーチケット(牝3・栗東・宮徹厩舎)。勝ちタイムは1:21.3(良)。

2番人気のヴェネト(牡5・栗東・藤原英昭厩舎)は11着敗退となった。

1着のスマートカルロスは装蹄師/西内荘担当馬で、競馬のおはなしサイト「装蹄の感触が良かった馬」で取り上げた1頭だった。

スマートカルロスはスタートでややでけ気味となり、ほぼ最後方からの追走になった。終始外外を周る展開もいきっぷりが良く、手応え抜群のまま直線へ。大外から一気に末脚を伸ばし、2017年の競馬を見事に締めくくった。