【ホープフルS】ナスノシンフォニー 武井師「来年のオークスを狙っているので敢えてここへ」

ホープフルS
ナスノシンフォニー

前走・百日草特別では2着に敗れたものの、上がり3Fはメンバー最速タイの3
3秒6をマークしたナスノシンフォニー(牝2、武井)。牝馬の身ながら再度牡馬相手、それもG?にぶつけてきたように、陣営の期待度はかなりの高さだ。

武井調教師は「来年のオークスを狙っている馬なので、少頭数の自己条件ではな
く、あえて多頭数のここへ。初戦に比べると前走は位置取りや、道中の反応に大きな進歩が見られたし、あれなら中山にも対応できそう。まだまだ伸びシロもあると思うので、ここでもどんな競馬ができるか」と一発を狙っている。