【有馬記念】ボウマン「中山のカーブが急で…」ジョッキー談話

有馬記念、ジョッキーコメントは下記の通り。

1着 キタサンブラック
武豊騎手
「最高に嬉しいです!悔いの残らないようにキタサンブラックの走りをさせることだけを考えていました。スタートである程度レースは決めようかなと思っていたんですけど、迷いなく先手を取りに行きました。(最後の直線ムチを入れていた時は)頑張ってくれと、それしかなかったです。(ゴール過ぎた時は)ホッとしました。ありがとうと、ご苦労様と声をかけました。このような名馬に巡り会えて僕自身も本当に光栄でしたし、騎手としてすごく幸せな時間を過ごせました。なんとか今日最後ファンの期待にも応えたいという気持ちが強かったので、どうしても勝ちたかったです。今年1年もキタサンブラックとともに応援していただき、本当にありがとうございました。なんとか最後良い形で花道を飾ることが出来ました。本当に皆さんの声援が力になりました。ありがとうございました。」

2着 クイーンズリング
C.ルメール騎手
「三番手でリラックスして走れました。惜しかった。キタサンブラックは強い。2500mはベストではないけど良く頑張った。」

3着 シュヴァルグラン
H.ボウマン騎手
「中山のカーブが急で、走りがぎこちなかったし、もう1.2頭前で競馬をしたかったです。直線不利があって勢いが削がれました。大きな広いコースの方が合うと思います。」

4着 スワーヴリチャード
M.デムーロ騎手
「途中まで上手に走ってくれてました。手前も替えていたのですが、直線でモタれてしまいました…」

5着 ルージュバック
北村宏司騎手
「一瞬の脚を生かそうと考えて乗りました。坂下では勝ち馬以外には届くのかと思うくらいでしたし、よく頑張っています。」

6着 シャケトラ
福永祐一
「2番手でリズム良く進めた。キタサンに並びかけた時の雰囲気が良かったので、これならと思ったけど…能力は感じたけど、それを出し切ることができなかったのが悔やまれます。」

8着 レインボーライン
岩田康誠騎手
「もっと内だったら前につけられた…」

9着 サトノクロニクル
戸崎圭太騎手
「良い感じで運べた。まだ若さはあるけど、しっかりと競馬できていた。」

10着 ヤマカツエース
池添謙一
「キタサンを負かすなら、その後ろからだと思っていましたが、4コーナー手前から離されてしまった。」

11着 ミッキークイーン
浜中俊騎手
「中山は合わないのかも…。広いコースの方が良さそうです。」

12着 ブレスジャーニー
三浦皇成騎手
「リズム良く行けた。不利を受けた馬に不利を受けた形になったのが…」

13着 サトノクラウン
「ペースが遅すぎました。最後は苦しくなってしまいました。」

16着 サクラアンプルール
蛯名正義騎手
「大事なところで不利を受けた。競馬にならなかった。」

レース結果、詳細は下記の通り。

24日、中山競馬場で行われた11R・有馬記念(G1・3歳上オープン・芝2500m)で1番人気、武豊騎手騎乗、キタサンブラック(牡5・栗東・清水久詞厩舎)が、2着に1.1/2馬身差をつけ快勝した。2着にクイーンズリング(牝5・栗東・吉村圭司厩舎)、3着にシュヴァルグラン(牡5・栗東・友道康夫厩舎)。勝ちタイムは2:33.6(良)。

2番人気のスワーヴリチャード(牡3・栗東・庄野靖志厩舎)は4着敗退となった。

2着のクイーンズリングは装蹄師/西内荘担当馬で、競馬のおはなしサイト「装蹄の感触が良かった馬・日曜版」で取り上げた1頭だった。また、同じく担当馬のサウンズオブアースは7着となった。

キタサンブラックも武豊騎手もヴィクトリーロードが見えていた。他馬を全く気にしないマイペースの競馬でラストランを見事に飾った。直線では後続の影を踏ませる事なく独走し見事な勝利となった。武豊騎手は今日の中山で有馬記念しか騎乗しておらず、まさに一球入魂。集中してキッチリとキタサンブラックの有終に華を添える役割を果たした。