【有馬記念】クイーンズリングもラストランで激走!渾身の走りで2着確保

クイーンズリングもラストランで、本当に良い競馬を見せた。牡馬に混じっての2着。ルメール騎手も2500mはベストではないと言っている中で、素晴らしい粘りこみを見せた。

2着 クイーンズリング
C.ルメール騎手
「三番手でリラックスして走れました。惜しかった。キタサンブラックは強い。2500mはベストではないけど良く頑張った。」

レース結果、詳細は下記の通り。

24日、中山競馬場で行われた11R・有馬記念(G1・3歳上オープン・芝2500m)で1番人気、武豊騎手騎乗、キタサンブラック(牡5・栗東・清水久詞厩舎)が、2着に1.1/2馬身差をつけ快勝した。2着にクイーンズリング(牝5・栗東・吉村圭司厩舎)、3着にシュヴァルグラン(牡5・栗東・友道康夫厩舎)。勝ちタイムは2:33.6(良)。

2番人気のスワーヴリチャード(牡3・栗東・庄野靖志厩舎)は4着敗退となった。

2着のクイーンズリングは装蹄師/西内荘担当馬で、競馬のおはなしサイト「装蹄の感触が良かった馬・日曜版」で取り上げた1頭だった。また、同じく担当馬のサウンズオブアースは7着となった。