【中山5R/2歳新馬】タイムパラドックス産駒、ワカミヤオウジがデビュー戦快勝!

23日、中山競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(ダ1800m)で、3番人気、田辺裕信騎手騎乗、ワカミヤオウジ(牡2・美浦・栗田徹厩舎)が、2着に1.1/2馬身差で快勝した。2着に10番人気のフォーマイセルフ(牡2・美浦・小桧山悟厩舎)、3着に1番人気のギャラルホルン(牝2・美浦・木村哲也厩舎)。勝ちタイムは1:56.3(良)。

2番人気のノアゴールド(牡2・美浦・尾形和幸厩舎)は15着大敗となった。

ワカミヤオウジはスタートから先行争いに積極的に加わり、3番手の位置でレースを進めた。向正面では早くも追っ付けながら追走という形で苦しくなったかのように見えたが前と離される事なく直線へ。坂上から一気の逃げ馬を捉えるとそのまま押し切ってゴール。嬉しいデビュー戦快勝となった。