【中山10R/中山大障害】絶対王者オジュウチョウサン連覇!レコードタイムのおまけつき

23日、中山競馬場で行われた10R・中山大障害(J-G1・3歳上オープン・芝4100m)で圧倒的1番人気、石神深一騎手騎乗、オジュウチョウサン(牡6・美浦・和田正一郎厩舎)が、2着に1/2馬身差をつけ快勝した。2着に2番人気のアップトゥデイト(牡7・栗東・佐々木晶三厩舎)、3着にルペールノエル(牡7・栗東・藤原英昭厩舎)。勝ちタイムは4:36.1のレコードタイム(良)。

最後の最後まで、オジュウチョウサン、アップトゥデイトどちらが勝ってもおかしくない大接戦を演じ、大観衆を魅了した。アップトゥデイトが後続を離して大逃げのような形でハイペースで飛ばしていく展開に。4コーナーでも3.4馬身程の差を保ったまま、見事なペース配分でこのまま逃げ切るかという態勢に持ち込んだが、そこから絶対王者オジュウチョウサンの底力が炸裂。一歩一歩前に詰め寄り、ゴール直前で逃げるアップトゥデイトをかわし見事な中山大障害連覇となった。