【阪神6R/2歳新馬戦】エアデジャヴーの仔、エアシンフォニーがゴール寸前差し切りでデビュー戦快勝!

17日、阪神競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(牝・芝1400m)で2番人気、C.デムーロ騎手騎乗、エアシンフォニー(牝2・栗東・角居勝彦厩舎)が、2着にクビ差で勝した。2着にラノカウ(牝2・栗東・寺島良厩舎)、3着に1番人気のリバティハイツ(牝2・栗東・高野友和厩舎)。勝ちタイムは1:22.2(良)。

装蹄師/西内荘担当馬のオアハカは14着、タニノテーブルは17着となった。

良血馬でエアデジャヴーの仔、エアシンフォニーが見事にデビュー戦を制した。道中は中団からの追走になり、やや追っ付け気味で追走に苦しんでいるようにも見えた。4コーナーから徐々に前と差を詰め始めると、直線大外に持ち出されじわじわと前を詰めた。ゴール前、4頭の横並びを制して嬉しい初勝利となった。