【中山5R/2歳新馬】クロフネ産駒、シークエルが接戦を制す!

17日、中山競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(ダ1800m)で、2番人気、大野拓弥騎手騎乗、シークエル(牝2・美浦・菊沢隆徳厩舎)が、2着にハナ差で接戦を制した。2着に1番人気のユメノイタダキ(牡2・美浦・戸田博文厩舎)、3着にエレガントクルーズ(牝2・美浦・木村哲也厩舎)。勝ちタイムは2:00.5(良)。

シークエルがゴール寸前で逃げ粘るユメノイタダキを捉えデビュー戦を飾った。道中はゆったりとしたペースで流れ、直線入り口でもユメノイタダキが後続を突き放し逃げ切るかと思われた。諦めることなく追いかけたシークエルが坂上からじわじわと迫り、ゴール寸前最後の1完歩でかわして見事にデビュー戦を飾った。