土曜中山5R・2歳新馬はカンパニー産駒のイエッツトがデビュー勝ち

16日、中山競馬場で行われた5R2歳新馬(芝1800メートル)は、6番人気のカンパニー産駒・イエッツト(牡2、金成=母イスタンブール)が制した(勝ち時計1分51秒7)。
互角のスタートから、道中は先団馬群の中で待機。直線でうまく外に持ち出されると、最後までしっかり脚を伸ばすセンスの良さを見せた。

騎乗した和田は「乗り味は良かったですよ。聞いていたより大人しくて、競馬も素直でした。ちょっとフワフワしたところはありましたが、抜け出す脚は速かった。芝の軽いところが合いそうで、まだまだ成長しそうです」とパートナーをたたえた。