【中山9R/黒松賞】タイセイアベニールが堅実な走りでオープン入り

10日、中山競馬場で行われた9R・黒松賞(2歳500万下・芝1200m)で2番人気、田辺裕信騎手騎乗、タイセイアベニール(牡2・栗東・西村真幸厩舎)が、2着にクビ差で快勝した。2着にセイウンリリシイ(牝2・美浦・水野貴広厩舎)、3着に1番人気のヴェルスパー(牝2・美浦・加藤征弘厩舎)。勝ちタイムは1:09.5(良)。

ここ数走、堅実な走りを見せていたタイセイアベニールがキッチリと自己条件を勝ち上がった。スタートは決して良いとは言えなかったが、押して先団の馬群の中を追走した。厳しいポジショニングのようにも見えたが、4角から直線にかけてバラけた所をうまく抜けてくると、じわじわと2着馬を追い上げ、ゴール寸前捉えて嬉しいオープン入りとなった。