【中山11R/カペラS】ディオスコリダーが外枠から力でねじ伏せる!

10日、中山競馬場で行われた11R・カペラステークス(G3・3歳上オープン・ダ1200m)で4番人気、津村明秀騎手騎乗、ディオスコリダー(牡3・栗東・高橋義忠厩舎)が、2着に2.1/2馬身差をつけ快勝した。2着にスノードラゴン(牡9・美浦・高木登厩舎)、3着に2番人気のブルドッグボス(牡5・浦和・小久保智厩舎)。勝ちタイムは1:11.0(良)。

1番人気で装蹄師/西内荘担当馬のブルミラコロ(牡5・栗東・大久保龍志厩舎)は10着敗退となった。

ディオスコリダーが外を回って、ねじ伏せるように差し切り、重賞制覇を成し遂げた。大外枠からの発走で終始外を回される苦しいレース展開も、同馬は涼しい顔で回って来た。手ごたえ抜群で直線へ向くと一気に加速し先頭に立った。元々はドバイに遠征するなど実力馬として評価されていた馬がここへ来て一気に能力が開花した。