【中山5R/2歳新馬】ストロングリターン産駒、ツヅミモンがハナ差V!

9日、中山競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1600m)で圧倒的1番人気、戸崎圭太騎手騎乗、ツヅミモン(牝2・栗東・藤岡健一厩舎)が、2着にハナ差で快勝した。2着にフレッチア(牡2・美浦・木村哲也厩舎)、3着にコスモビッグハート(牡2・美浦・松山将樹厩舎)。勝ちタイムは1:36.2(良)。

2番人気のモルドレッド(牡2・美浦・久保田貴士厩舎)は11着敗退となった。

1着のツヅミモンは装蹄師/西内荘担当馬で、競馬のおはなしサイト「装蹄の感触が良かった馬・土曜版」で取り上げた1頭だった。

なお、7番ビクトリーモーンは競走中止となっている。

ツヅミモンが関西から遠征、見事中山でデビュー戦を飾った。スタートしてから、楽に先行し終始外目を追走したが、手ごたえ抜群に進み直線をむかえた。後ろを待つ余裕もあり、直線半ばから追い出されると、内から強襲したフレッチアをおさえ1着でゴール、着差以上の完勝となった。