【中山11R/師走S】スローに落としてしてやったり!ディアデルレイがまんまと逃げ切り

9日、中山競馬場で行われた11R・師走ステークス(3歳上オープンハンデ・ダ1800m)で6番人気、勝浦正樹騎手騎乗、ディアデルレイ(牡6・美浦・牧光二厩舎)が、2着に4馬身差をつけ快勝した。2着に2番人気のサンライズノヴァ(牡3・栗東・音無秀孝厩舎)、3着にシャイニービーム(牡5・栗東・福島信晴厩舎)。勝ちタイムは1:52.0(良)。

1番人気のサンライズソア(牡3・栗東・河内洋厩舎)は10着敗退となった。

2着のサンライズノヴァは装蹄師/西内荘担当馬で、競馬のおはなしサイト「装蹄の感触が良かった馬・日曜版」と「この馬いい馬だWeb版」で取り上げた1頭だった。

ディアデルレイが先手を奪い、かなり遅いペースに落とし込んでレースを進めた。道中後続から追い上げする素振りもなく、固まったまま隊列は進み直線へ。そこからは突き放す一方で、ゴール前は流す余裕を見せる楽勝劇となった。