【チャンピオンズC】グレンツェント 叩き2戦目侮れない

チャンピオンズC
グレンツェント

1月に今回と同じ中京ダ1800メートルのG?東海Sを制しているグレンツェ
ント(牡4、加藤征)。休み明けのうえ初G?挑戦だった前走・JBCクラシックは5着に終わったが、今回は叩き2戦目。鞍上には先週のジャパンCを制した?世界一のジョッキー?ボウマンを迎えるだけに、決して侮れない。

水曜(11月29日)に美浦トレセンで追い切りにも騎乗したボウマンは「馬を知るには追い切りに乗ることが大切。ですから今回は自ら希望して調教に乗りました。状態はいいと思います。自分が押さなくても走ってくれましたし、最後の200メートルのリアクションも良かったので。作戦については枠順が出てから、加藤調教師と相談して考えたいと思います」と意気込みを語った。