装蹄師/西内荘「この馬いい馬だ!Web版」シクラメン賞

装蹄師・西内荘のこの馬いい馬だウェブ版のコーナーです。このコーナーは、競馬のおはなし番組内で紹介しきれなかった「この馬は次狙ってもいいかもっ??」という馬を御紹介します。競馬に出走した西内荘担当馬の中で、「この馬はこんな馬だよ!」とか「状態はこうだよっ!」など、装蹄師の視点で担当馬を簡単に解説します。

今回御紹介するのはこちら。
■ダノンフォーチュン
?12/2 阪神9R シクラメン賞?

西内荘コメントは動画をご覧ください。

【装蹄師・西内荘とは】
ディープインパクト、ウオッカ、ジェンティルドンナ、古くはメジロマックイーンなど、年度代表馬クラスの馬を数多く担当してきた、武豊も認めるカリスマ装蹄師。

脚を持った感触で調子の良し悪しや体調の変化を繊細に感じ取り、蹄の些細な変化を見逃さず、装蹄の方法、蹄鉄の種類などレースに合わせて選択していく事が出来る、装蹄師界の第一人者。

蹄の弱い(薄い)馬に接着装蹄を施すなど、歩様、姿勢の矯正や、蹄の病を装蹄作業の中で治療していくのも西内荘の特徴の1つ。