【東京4R/2歳新馬戦】ヴィクトワールピサ産駒、リビーリングが逃げ切る!

26日、東京競馬場で行われた4R・2歳新馬戦(芝1800m)で3番人気、M.デムーロ騎手騎乗、リビーリング(牡2・美浦・萩原清厩舎)が、2着に1.1/2馬身差をつけ快勝した。2着に2番人気のアルビオリクス(牡2・美浦・木村哲也厩舎)、3着にカラリエーヴァ(牝2・美浦・中川公成厩舎)。勝ちタイムは1:49.7(良)。

1番人気のブレステイキング(牡2・美浦・堀宣行厩舎)は6着敗退となった。

リビーリングはスタートから押して先手を取りレースを進めた。向正面では口を割る仕草を見せ、一瞬スムーズさを欠くような場面を見せたがマイペースで進み直線へ。手応え良く回ってくると、後続との差は詰まる事なく見事に逃げ切ってゴール。嬉しいデビュー戦快勝となった。