【京都12R/京阪杯】ネロが接戦を粘り勝ち!

26日、京都競馬場で行われた12R・京阪杯(G3・3歳上オープン・芝1200m)で9番人気、吉原寛人騎手騎乗、ネロ(牡6・栗東・森秀行厩舎)が、2着にクビ差で快勝した。2着にビップライブリー(牡4・栗東・清水久詞厩舎)、3着にイッテツ(牡5・美浦・斎藤誠厩舎)。勝ちタイムは1:08.8(良)。

1番人気のソルヴェイグ(牝4・栗東・鮫島一歩厩舎)は9着敗退となった。2番人気のメラグラーナ(牝5・栗東・池添学樹厩舎)は競走中止となった。

装蹄師/西内荘担当馬のアットザシーサイドは11着となった。

ジャパンカップを外国人ジョッキーが制し、裏開催の重賞では地方ジョッキーの名手、吉原寛人騎手が見事な手綱捌きでネロを重賞制覇に導いた。これまでの競馬とは一転の逃げ切りV。スタートダッシュこそ他馬にやや遅れを取ったが、押して押して先手を主張。意地でも逃げるという姿勢を見せ先手を奪った。4コーナーから直線では脚色を目一杯持たせ、ネロは吉原騎手の叱咤激励に応えた。