【ジャパンC】サトノクラウン 上積み見込め適した舞台で頂点狙う

ジャパンC
サトノクラウン

国内外でG?2勝を挙げるサトノクラウン(牡5、堀)。天皇賞・秋ではキタサ
ンブラックの2着に敗れたが、最後まで食らいついたように実力は現役トップクラス。絶好調・Mデムーロの手綱にも注目だ。

森助手は「1週前にフワフワするところがあったので、今週は3頭併せで追い切りましたが、動きは良かったです。騎乗したムーア騎手も?パーフェクト?と言っていました。負けはしましたが、一完歩ずつ差を詰めた天皇賞。秋の内容は良かったですし、ダメージもなく1回使ったぶんいい状態で臨めそうです。この舞台はダービー(3着)以来になりますが、ダービーも内容は良かったので、適した舞台だと思っています」と期待の口ぶりだ。