アユサン全妹、マウレアがV!戸崎「センスがいい」

○…土曜東京5R新馬はアユサンの全妹マウレアがV

14日、東京競馬場で行われた5R2歳新馬(芝1600メートル)は、2013年の桜花賞を制したアユサンの全妹にあたる2番人気・マウレア(牝2、手塚=父ディープインパクト、母バイザキャット)が優勝した(勝ち時計1分37秒3)。

道中は先団の後ろで前をうかがう形。手応え十分に直線に向かうと、馬群の間を目一杯に追われることなく楽々と抜け出し、2着ロンギングファローに1馬身1/4差をつけてフィニッシュした。
 騎乗した戸崎は「センスがいいですね。興奮することなく冷静に走って、最後もいいスピードを見せてくれました」と笑顔。管理する手塚調教師は「姉より線は細いけど、中身はこちらの方がしっかりしている。瞬発力がありそうだから、良馬場の方がよりいい走りを見せられるんじゃないかな。距離が延びても問題ないと思う」と今後の伸びシロを強調した。