【札幌5R/メイクデビュー】ペプチドオーキッド快勝!四位「初戦としては良かった」

6日、札幌競馬場で行われた5R・メイクデビュー(2歳新馬戦・芝1800m)で1番人気、四位洋文騎手騎乗、ペプチドオーキッド(牡2・栗東・木原一良厩舎)が、2着に1.1/4馬身差をつけ快勝した。2着にトップヴォイス(牡2・美浦・昆貢厩舎)、3着にネル(牡2・栗東・安田隆行厩舎)。勝ちタイムは1:51.1(良)

ペプチドオーキッドが人気に応えた。スタートから上手く先行2番手で我慢しレースを進め直線へ。手応えも良く早めに抜け出し、見事デビュー戦を快勝した。

ペプチドオーキッドは装蹄師・西内荘の担当馬で、装蹄の感触が良かった日曜版で取り上げた一頭だった。

1着 ペプチドオーキッド
四位洋文騎手
「乗り込みも豊富で前向きな気性ですね。スタートで先手取れたました。ムキになるとこもあったけども、2番手で我慢出来たし初戦としては良かったと思います。」

5着 レッドオールデン
柴山雄一騎手
「馬がまだ若いですね。」

6着 マーナガルム
古川吉洋騎手
「初戦という感じでした。競馬自体は上手に立ち回ってくれて、これで変わってくれれば。」