【函館記念】ジョッキー談話 武豊「走りがいつもと違いました」

函館記念、ジョッキー談話は下記の通り。

1着 ルミナスウォリアー
柴山雄一騎手
「函館に直接入厩してきていて、その時に乗せてもらったのですが、良い状態で入厩出来ていたので、調整のほうはすごい楽でしたね。いつもより前にはつけれたので、中段か中段前では競馬したいなと思っていたので理想通りのところには行けました。せまい所で窮屈にさせるよりは、リズムよく運ばせたいなと思ってました。(馬場状態が悪いことについては)返し馬の感じも気にしている様子はなかったし、中間で状態の良さは感じていたので、なんとかこなしてもらいたいなと思っていました。直線強かったですね。まだ成長してくれているし、すごく良い馬なので楽しみですね。」

2着 タマモベストプレイ
吉田隼人騎手
「この馬場がプラスでしたね。直線でも馬群の中で勝負根性を出してくれました。」

3着 ヤマカツライデン
池添謙一騎手
「ハナは予定通り。ペースも落とさないように乗りました。最後は差し返しているし頑張ってますね。」

4着 アングライフェン
北村友一騎手
「良い形になりましたが、思ってるより勝ち馬に早く来られて最後甘くなりました。こういう馬場は苦にしないですね。頑張ってくれてます。」

5着 ケイティープライド
鮫島克駿騎手
「枠も内枠で、レース自体は思い通りでした。力のいる馬場でしたが、苦にはしてなかったです。」

6着 サトノアレス
C.ルメール騎手
「馬がまだ若いです。この馬場で2000メートルは長かったですね。伸びてたけど直線は短くて、広いコースの方が良いかもしれません。レースはスムーズだったけど、反応が遅かった。馬場は大丈夫でした。」

7着 ナリタハリケーン
藤岡康太騎手
「直線まで追い出せない形になってしまいました。もう少し早めに踏んでいければ、際どい所まで行けたかなと思います。」

8着 レッドソロモン
岩田康誠騎手
「ゲートをまともに出てくれないですね…」

9着 サクラアンプルール
蛯名正義騎手
「馬場悪く、ポジションも悪くて踏み遅れました。内から張られて下げざる終えなかったです。勝った馬についていきたかったのですが…」

10着 ツクバアズマオー
吉田豊騎手
「3、4コーナー手応えが勝ち馬と全然違いました。馬場も緩くてその辺も気にしたのかな。」

11着 マイネルミラノ
丹内祐次騎手
「スタートで押しても出て行かず、4コーナーで手応えも無かったです。」

12着 カムフィー
勝浦正樹騎手
「滑ってました。馬場が得意じゃないかもしれません。」

15着 ステイインシアトル
武豊騎手
「こういう馬場苦手ですかね。走りがいつもと違いました。」

レース結果詳細は下記の通り。

16日、函館競馬場で行われた11R・函館記念(G3・3歳上オープンハンデ・芝2000m)で5番人気、柴山雄一騎手騎乗、ルミナスウォリアー(牡6・美浦・和田正一郎厩舎)が、2着に1.1/2馬身差で快勝した。2着にタマモベストプレイ(牡7・栗東・南井克巳厩舎)、3着にヤマカツライデン(牡5・栗東・池添兼雄厩舎)。勝ちタイムは2:01.2(重)。