【東京スプリント】キタサンサジン逃げ切り 大井でも祭り

キタサンサジン強引にハナを奪い押し切る

19日、大井競馬場で行われた地方交流重賞、東京スプリント(G3・4歳上・ダ1200m)で1番人気、内田博幸騎手騎乗、キタサンサジン(牡5・栗東・梅田厩舎)が、2着にアタマ差をつけ逃げ切った。2着にブライトライン(牡8・栗東・鮫島厩舎)、3着にレーザーバレット(牡9・美浦・萩原厩舎)。

内田の剛腕が大井で存在感を示した。スタートは他に速い馬がいたが、外から強引にハナを奪いにいき、先頭に立つと直線でもしぶとく粘りこむ。外から古豪ブライトラインの強襲に遭うが、アタマ差凌いだ所がゴールだった。

キタサンサジンのオーナーは歌手の北島三郎氏で、今月1日に阪神競馬場で行われた大阪杯をキタサンブラック制するなど、大井でも嬉しい重賞制覇となった。勝ちタイムは1:12.7(稍重)