ダイワギャグ二ー重賞挑戦、師も期待

無傷の3連勝を狙うダイワキャグニーが1日、美浦南ウッドで最終追い切りを行った。単走で追われ6F81・2?65・6?50・6?37・3?12・8秒をマーク。自ら騎乗して感触を確かめた菊沢調教師は

『時計のわりに気が入らずフワフワしていたが、これは狙い通り。先週併せ馬でビッシリやっているからね。まだ馬体面に成長の余地を残すけど、以前よりフットワークが大きくなり、いい動きをするようになった。初めての右回り、重賞挑戦と課題はあるけど、クリアしてほしい』と期待を寄せた。